保育の資格を取る

保育士

大卒資格で有利になる

保育士の資格を取るには、大きく分けて2つの方法があります。保育専門学校に通うなどして、定められた単位を修得すれば、卒業と同時に保育士の資格が授与されます。もう一つの方法としては、毎年行われる保育士の資格取得のための国家試験に合格することです。どちらの方法も、保育に関する基礎知識を学ぶことが必要となります。また、幼稚園教諭や小学校教諭の資格を持つ人が、新たに保育士の資格を得ようという場合には、補助的な学習をサポートする専門学校や大学があります。前出のような資格を持つ人は、児童心理学や教育学を勉強しているので、保育の基礎知識と競合する単位を取得しています。それらの学習内容を除く勉強をして、定められた単位を取得することで、保育士の資格が授与されます。そのような勉強をするためには、保育専門学校の専修科や福祉大学の聴講生コースに通うことになります。専門学校も大学も学ぶ内容については殆ど同じです。ただ、大学によっては、保育士以外に言語聴覚士や運動保育士というワンランク上の資格を取得できるコースもあります。また、短期大学以上の学歴のある人は、保育の勉強の経歴がなくても国家試験が受けられるようになっています。短大、大学を既に卒業している人は、最短半年くらいの勉強をすることで、国家試験に合格できるといいます。保育士資格は、これから益々需要が高まる傾向にあります。高学歴の人にとって、視覚が取得しやすく、仕事にも実用性が見込めます。