背広の人

実務へのスタートライン

ビジネス関連資格には法律に関するものや会計に関するものなど様々なものがあります。特に簿記の試験では、誰でも簡単にできるという点から、社会人だけでなく高校生も挑戦しています。勉強方法は独学や試験対策講座の利用などがあり、自分に合った方法で勉強できることが重要です。

保育士

保育の資格を取る

保育士の資格を取得するためには、幾つかの方法があります。保育専門学校を卒業して取得する方法と、国家試験に合格することが主な取得方法ですが。教員免許を持つ人には、もう一つの方法があります。既に単位を取得している勉強以外の保育知識を得ることで資格が取れます。そのための勉強は、大学や専門学校でできます。

子どもたちの成長を支える

保育士と児童

需要は常に高い

保育士は、保育所や児童を保護する施設において子どもを預かり、保育する職業です。近年は、結婚出産後も働く女性が増え、保育所のニーズが常に高い状態です。こうした社会情勢において、保育士の需要は高く、今後もその様相は変わらないと考えられています。さらに、保育士は国家資格が必要な資格職とあって、自身が結婚出産で職を一時的に離れたとしてものちに再就職がしやすいという利点があることから、特に女性にとってこの資格を持つことは大きなメリットといえるでしょう。また、保育士は保育所だけが仕事の場ではなく、児童福祉施設や小児科のある病院、デパートなどの商業施設に併設された子どもの一時預かり所等、様々に広がっています。正職員としてだけでなく、パートとして働くという方法もあり、働き方の選択がしやすいというメリットもあるのです。保育士になるには、いくつかの方法がありますが、最も多いのが保育士養成課程のある大学か短大、専門学校で学ぶというものです。養成課程のある学校で課程を修了すれば、保育士の国家資格が得られるため、このルートが最も王道といえます。これ以外では、年に一回ある保育士の国家試験を受験して合格すれば資格が得られます。養成課程のない一般大学や短大、専門学校を卒業し、社会人になってから保育士を目指して国家試験を受ける人も少なくないのです。ただし、国家試験の難易度は高く、合格率はおよそ10〜20%程度となっています。そのため、受験対策をしっかりと行うことが大切です。

赤ん坊と男性

幼稚園で働くための免許

幼稚園教諭の一種免許は、大学の養成課程を修了することで取得できます。その後大学院に進学すると、専修免許も取得可能となります。一方二種免許は、養成課程のある短期大学を卒業、または保育士が認定試験に合格すれば取得できるので、特に人気があります。しかし待遇の良さを求めて、一種や専修を目指す人も多くいます。